カリフォルニアスタイルな家を建てよう

このサイトでは、平屋のカリフォルニアスタイルの家の建て方を紹介しています。
このスタイルはおしゃれさで人気があり、持ち主の個性を活かせます。
また、ガレージの設置の仕方では、どのようなデザインと機能を持たせるのか、工務店に依頼する際に、どのような事に注意をしたら良いのかというコツや雰囲気を出す為の証明の選び方について解説していきます。
話題のスタイルで建築をしていくので、おしゃれで落ち着いた空間を生み出せます。

平屋のカリフォルニアスタイルの家をつくろう

平屋のカリフォルニアスタイルの家をつくろう 平屋の家でカリフォルニアスタイルの物を建てていくには、カリフォルニアスタイルをイメージする要素を加えていく必要があります。
木材を活用して家を建てたり、広い空間を取る為に、キッチンやリビングなどの各間取りの取り方、その空間に設置する家具やインテリアの選び方を入念に考えていきます。
カリフォルニア風にしていくには配色パターンも大切で、この配色の組み合わせ次第で雰囲気は変わってきます。
温もりを感じられる色合いにしていくのか、スタイリッシュでおしゃれな色の組み合わせにするのかは、個人の好みによって違います。
爽やかさを感じられるようにするには、ブルーとブラウン、ブルーとホワイトといった組み合わせが人気であり、カリフォルニアスタイルを平屋で再現する要素として重要な点です。

カリフォルニアスタイルの家を楽しむ庭作りについて

カリフォルニアスタイルの家を楽しむ庭作りについて 近年、インテリアのトレンドになっているのがカリフォルニアスタイルです。
その名のとおり、アメリカ西海岸をイメージした家作りが人気となっており、特にアウトドア好きのファミリーに支持が広まっています。
庭作りにもカリフォニアのエッセンスを活かしますが、オシャレ度をアップするのにおすすめなのがドライガーデンです。
ドライガーデンには乾燥に強い植物を使います。
例えば「ユッカロストラータ」や「アガベ」、「オブンチア」などを使い個性的な庭作りをします。
植物の土台は砂利や軽石なので、雑草が生えにくいところも手入れがラクです。
人による水やりは不要で、雨水だけで充分なので手間がないところも魅力です。
庭があって最も大変なのは雑草抜きと水やりなので、この2つをしなくていいのは忙しい人にもおすすめといえます。
ちょっと個性的な植物たちで作るドライガーデンは、西海岸の陽気な雰囲気にピッタリです。
カリフォルニアスタイルの住居ともよく合い、外壁との相性もいいです。
ヤシの樹やサボテンもおすすめですが、不思議と惹きつけられる魅力ある植物たちは他にも種類があるので、組み合わせを楽しむのも面白いです。
ウッドデッキやレンガとも好相性で、カリフォルニアスタイルの絶妙なアクセントとなります。

カリフォルニアスタイルのインテリアを採用することの魅力

自宅にはカリフォルニアスタイルのインテリアを採用することがおすすめです。メリットが多いので、カリフォルニアスタイルの魅力を知っておくと良いでしょう。このスタイルを取り入れる場合は、開放感のある空間を演出することができます。ビーチを彷彿とさせる爽やかなスタイルなので、面積が小さな部屋でも本来より広々とした印象を与えやすいです。生活感がなくなることも大きなメリットです。青や白のインテリア、茶色の雑貨などで統一することになり、設置する小物も植物や海関連のものが多くなるので、カリフォルニアスタイルを追求することで生活感をなくすことができます。スッキリとした印象があるかもしれませんが、木でつくられた家具や小物との相性も良いので、工夫次第で温かみのある雰囲気に仕上げられることもおすすめの理由です。このように、カリフォルニアスタイルには数多くの魅力があるので、積極的に自宅のインテリアに取り入れてみてください。

カリフォルニアスタイルは開放的なビーチのイメージで費用を組む

カリフォルニアスタイルは明るく元気なビタミンカラーのインテリアが似合うとともに、開放的なビーチをイメージして部屋造りをしていくと良いです。狭い空間であっても吹き抜けであったり、ヤシの木が似合うような感じを想像してみましょう。ちょっとしたリラックス空間にハンモックなどを置いてもお洒落です。近くに海がある家というのはいつでもリゾート気分が味わえてとても理想的ですが、実際海近くの家に住もうとすると潮風で洗濯物が干せなかったり、津波の心配もあり、日本の海辺では理想の生活が送れないことも多いです。ですから部屋や家のイメージをカリフォルニアスタイルにして、気分だけでも味わえるようにすると良いでしょう。リゾート的なインテリアや建物というと費用がかかってしまう感じがしますが、開放的な空間と明るく元気なオレンジや黄色のビタミンカラーのインテリアをうまく取り入れれば、費用をたくさんかけなくても可愛く仕上げられます。

日本家屋も工夫次第でカリフォルニアスタイルに変貌します

伝統的な日本家屋も工夫次第でカリフォルニアスタイルに変えることができます。カリフォルニアスタイルとは、米国西海岸を中心としたスタイルです。温暖かつ晴れが多い気候であり、開放的でくつろいだ雰囲気が魅力です。 日本家屋を開放的にしようと思ったら、ふすまと障子を取り外す必要があります。仕切りがなくなることで家の中が一体となり、明るい雰囲気になります。柱や壁の色が良くないときは、思い切って塗るのがおすすめです。白木の柱もオイルステインを塗り込むことで、使い古した風合いが出ます。壁は珪藻土など自然素材で、健康的に仕上げることが可能です。ライトブルーやライトグリーンなど、くつろいだ雰囲気になる色にするのもいいでしょう。 カリフォルニアスタイルは、美しい木目を活かしたインテリアが特徴です。ですから木製の家具は潰し塗装ではなく、ニスなどで仕上げられたタイプがマッチします。他にもサーフボードや観葉植物、照明などを工夫するとくつろげる空間になります。

カリフォルニアスタイルの実例を見て清涼感のあるインテリアを目指す

夏の暑さにも負けない清涼感のあるインテリアデザインを目指して、住宅をリフォームしようか迷っている方々にぴったりなのがカリフォルニアスタイルです。アメリカの西海岸をイメージしたデザインがカリフォルニアスタイルの特徴で、これまでの実例を写真などで確かめるだけでも、この住宅デザインに清涼感があることが伝わります。波の音が聞こえるようなデザインが特徴的で、海をイメージした青色のソファーなどが相性が良いと言われているので、家具の色合いにもこだわりを持ってください。ヤシの木などの観葉植物とも相性が良くて、葉っぱが揺れる涼し気な見た目も楽しめます。インディアンデザインのラグを使って、ラフな雰囲気を作り上げるのもおすすめです。ヴィンテージ感があるために若い世代からも人気が高く、見た目も明るいので子供たちからもカリフォルニアスタイルは人気があります。木目調のテーブルを活かした実例も写真でチェックして、住宅を建築する前に木材の活用法を確かめることも重要です。

カリフォルニアスタイルを取り入れたインテリアの特徴

カリフォルニアスタイルを取り入れたインテリアは、西海岸風やビーチスタイルと呼ばれることも多いです。魅力的なインテリアの1つなので、カリフォルニアスタイルの特徴を知っておくと良いでしょう。基本的に海や空の色である青と、雲や波の色である白を基調としています。白木素材の家具やデニム素材のソファなどが選ばれることも多いです。全て青と白で揃えられているわけではなく、アクセントとしてダークブランのヴィンテージ家具や小物、観葉植物の緑などと組み合わせられることも多いと言えます。小物はサーフボードのような本格的なものだけでなく、ネットや流木、星モチーフの小物など比較的簡単に取り入れることができるものが用いられることがほとんどです。爽やかで開放感のあるイメージになるので、伸び伸びと過ごせる生活空間を求めている場合にもピッタリだと言えます。カリフォルニアスタイルにはこういった特徴があることを知り、マイホームにも採用してみることがおすすめです。

カリフォルニアスタイルにおすすめの壁の色

部屋をカリフォルニアスタイルのようなお洒落な雰囲気にしたい、と考えている人もいるのではないでしょうか。カリフォルニア風の室内を目指すならば、壁の色にもこだわるのがお勧めです。
アメリカの西海岸の雰囲気たっぷりのカリフォルニアスタイルのインテリアは、現地のビーチ沿いの家を表現しているのが特徴です。
リゾート感があり、カジュアルで自然な印象が魅力となっています。カリフォルニアスタイルを目指す場合、壁には木版を用いたりブルーの塗料を使用したりするのもおすすめです。
板壁はナチュラルな印象になり、自然派らしいカリフォルニア風を演出するのに役立ちます。あえてシャビーな雰囲気の、ペンキがはげ落ちた様な板壁を用いるのもお洒落です。ブルーの塗料を用いる場合は、ターコイズやネイビーなど海の色を思わせるものが良いかも知れません。
全体を青にしてしまうのではなく、一部に取り入れるとお洒落な雰囲気にしつつ部屋を広く見せられます。

カリフォルニアスタイルにはヴィンテージ調の素材を取り入れよう

近年人気のカリフォルニアスタイルのインテリアを目指したい、という人もいるのではないでしょうか。開放感がありながらもナチュラルで、なおかつお洒落な雰囲気もあるカリフォルニアスタイルのインテリアでは、ヴィンテージ感もポイントです。
自然素材でできているアイテムが似合いますが、ラフな雰囲気も兼ね備えているのが特徴だからです。例えば板壁や木板の床などは、使い古されたような質感があるとそれらしくなります。
海岸沿いのビーチハウスのような、潮風にさらされて劣化した板の風合いがあるとカリフォルニアスタイルらしい雰囲気を演出することができるでしょう。
インテリア家具も真新しい新品らしく、ピカピカなものよりも良く使い込まれた印象の製品が良く合います。もちろん単に古くて汚れているのではなく、手入れされていることは大切です。
シャビーな風合いに加工されているものを選ぶのもカリフォルニアスタイルの演出をするのに良いかも知れません。

カリフォルニアスタイルに取り入れたい素材

カリフォルニアスタイルのインテリアを目指したいと考えている人もいるのではないでしょうか。都会に近く、洗練された印象がありつつも自然を感じられる地域らしいインテリアにしたい場合には素材にもこだわりたいものです。
開放感があり、お洒落なリゾート風を演出できるカリフォルニアスタイルを目指す場合にはナチュラルな自然素材でできているものを使用するのがおすすめです。
内装は、床材や壁材などに木板を使用すると良いかも知れません。素朴な印象のヘリンボーンやシャビーな印象の色のはげ落ちたヴィンテージ感のある木材も良く似合います。
カリフォルニアスタイルの家具には木製品や天然皮革、麻や綿などで出来ているものを選ぶと良いでしょう。ソファは布やレザーが良く合い、カーテンも軽やかな天然繊維を使用したものが良いです。
ただし、あまりナチュラル過ぎた印象になると、カリフォルニアスタイルから離れてしまうこともあるので注意が必要です。

カリフォルニアスタイルの造り付け家具を作るなら

自由建築で家を建てたりリフォームしたりする際に、カリフォルニアスタイルを目指そうと考えている人もいるのではないでしょうか。
そのような場合には造り付け家具にもこだわって、アメリカの西海岸風のインテリアにするのがおすすめです。そうすれば、より本格的な仕上がりのカリフォルニアスタイルの家にすることが出来るかも知れません。
例えばキッチンの造り付け棚を、西海岸らしさのあるデザインにするのも1つの方法です。アイランドキッチンやカウンターを作ってもお洒落な印象になるでしょう。
自然な印象の木材の質感を活かしたりヴィンテージ感のあるアイアン素材などを用いたデザインにすると、お洒落なカリフォルニアスタイルのインテリアに近づけることが出来るかも知れません。色は明るめのものがおすすめです。
キッチン以外に収納を作る時にも、カリフォルニアスタイルを意識して、白やナチュラルな木目を活かすザインにするとインテリアに調和します。

カリフォルニアスタイルのリビングにするには

自宅をカリフォルニアスタイルにしたい場合には、人が集まることも多いリビングからカリフォルニア調にしてみると良いかも知れません。
床や壁は、どちらかを木目調にするとバランスが良いです。リラックス感がありナチュラルでありながらもお洒落な雰囲気のあるカリフォルニアスタイルのインテリアでは、自然な印象の木材を家具や内装に取り入れるのがおすすめです。
しかし全体が木材で統一されてしまうと、また少しカリフォルニア風のインテリアから離れてしまうこともあるため注意が必要です。
その点、壁や床のどちらかに取り入れることができれば、バランスが良い仕上がりになることが期待できます。カリフォルニアスタイルのリビングにはソファやテーブル、棚などを置くことが多いです。ソファは大型で装飾が少ないものが良いです。
布や革製のものがカリフォルニアスタイルらしいでしょう。テーブルや棚は、木製でナチュラルな質感のあるものがおすすめです。

●カリフォルニアスタイルをもっと知りたいなら●

カリフォルニアスタイル 家

新着情報

◎2022/8/20

情報を更新しました。
>カリフォルニアスタイルにおすすめの壁の色
>カリフォルニアスタイルにはヴィンテージ調の素材を取り入れよう
>カリフォルニアスタイルに取り入れたい素材
>カリフォルニアスタイルの造り付け家具を作るなら
>カリフォルニアスタイルのリビングにするには

◎2021/11/1

情報を更新しました。
>カリフォルニアスタイルのインテリアを採用することの魅力
>カリフォルニアスタイルは開放的なビーチのイメージで費用を組む
>日本家屋も工夫次第でカリフォルニアスタイルに変貌します
>カリフォルニアスタイルの実例を見て清涼感のあるインテリアを目指す
>カリフォルニアスタイルを取り入れたインテリアの特徴

◎2021/6/22

照明の選び方
の情報を更新しました。

◎2021/3/18

工務店に依頼するコツ
の情報を更新しました。

◎2021/2/26

サイト公開しました

「カリフォルニア 個性」
に関連するツイート
Twitter

ドライブインカリフォルニア、本多で3回観て4回目だったけど何回観ても皆んな個性強くてすき

【クロサワ楽器オススメ情報!!】 フェンダーが造るアコギがナイス!! カリフォルニアンカルチャーにインスパイアされたカリフォルニアシリーズ。個性豊かなラインナップがグッド!! 【fenderアコースティックは、コチラ】

カリフォルニア旅行終わりです。本屋だけが目的でなかったので、回れたのは13件かな。ニヤニヤ笑いが止まらない良い店も、思い出すだけでムカムカする店も、それぞれ個性が強くて勉強になりました。山籠りしたりでネット環境が悪かったのであんまりツイートできませんでしたね。

返信先:他1人パンチが効いてて、個性派が多くて呑んでて楽しいですよ。カリフォルニアワインといえばジンファンデルなので砂男さんにハマるといいな〜✨

【クロサワ楽器オススメ情報!!】 フェンダーが造るアコギがナイス!! カリフォルニアンカルチャーにインスパイアされたカリフォルニアシリーズ。個性豊かなラインナップがグッド!! 【fenderアコースティックは、コチラ】